読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師が語る、この世の秘密

Fortuneteller & HealerのSENAが、こっそり教えるこの世の秘密! 社会情勢の占い・運気アップの秘訣・Q&A・能力向上のコツ・企業経営のアドバイス…など幅広く語っています。 ※このサイトでは、ご相談・ご質問を受け付けています。

姓名判断はみんなをハッピーにするもの! Name=Weather

 

良くも悪くも姓名判断を気にしている方は多いでしょう。姓名判断で自分の名前の画数が良くてうれしくなっている人、姓名判断で自分の名前の画数が悪くて不安を抱いている人…様々だと思います。

 

ここで「姓名判断とはどういうものなのか」についてお伝えしておきたいのですが、一言で言えば姓名判断とは天気予報のようなものです。その名前を持つ人の人生に晴れの日が多い日か、雨の日が多いか、といった程度のものであって必要以上に喜んだり恐れたりする必要はありません。

 

あなたは、ずっと晴れが続く人生が最高だと思いますか?

 

確かに晴れた日は気持ちの良いものですが、ずっと続いてるとそれはそれで退屈で、味わい深さがないかもしれません。たまには雨がしとしとと降るのも体験したくて悲しくなるかもしれませんよ。

 

逆に雨の日が多い人生だとしたら、それは恐ろしいものでしょうか?

 

怖くはありませんよね。雨の日が多いようなら、たくさん傘を用意しておくとか、外出せずに家の中で楽しめることを見つけておくとか、いろんな工夫をすればそれはそれで楽しいものです。雷や台風が多い人生だとしても、現代社会でそれを恐れる必要はありません。それに備えて頑丈な家に住んでいたり、雷や台風がひどくなりそうな気配がしたら外出を控えたりするだけで安全に生きられます。

 

姓名判断もそれと似たようなものです。

 

画数が良い人は晴れの日が多い人生を歩むようなもの。「たまには雨が降ってほしい」と嘆いていれば不幸を感じるし、晴れた日なりの楽しみを味わえば幸せを感じるでしょう。

 

画数が悪い人は雨や雪の日が多い人生を歩むようなもの。恵みの雨に感謝し、たまに降る雪で雪合戦して遊んだりしていれば幸せを感じるし、「どうしていつも雨や雪ばかりなんだろう」と悲しんでいれば不幸を感じるんですよね。

 

名前の画数とはその程度のものなのです。

 

もし、今これを読んでいる人の中で自分の本名の画数が悪くて不安に怯えている人がいたら、安心してください。あなたは大丈夫です。あなたがなぜ姓名判断を知ることになったのか? なぜ、自分の本名の画数が悪いにもかかわらず姓名判断をするように導かれたのか? それは、あなたが姓名判断を生かして幸せに生きられる運命にある人だからです。仮に最悪の運命にある人がいたら、その人は姓名判断に出合うことすらできないでしょう。本当に画数が最悪な人が、姓名判断に出合えると思いますか?

 

姓名判断に出合えたということは、健康診断に出合えたようなものです。ラッキーなのです。健康診断を欠かさない人が健康を維持しやすいように、姓名判断を生かすあなたは幸せをキープしやすいチャンスに恵まれているんですよ。